愛犬サプリ最新ランキング

愛犬の皮膚トラブルの実情

口コミ
投稿する

様々な原因が犬の皮膚トラブル

動物病院に訪れるワンちゃんの中で最も多いのが皮膚のトラブルとなっています。
犬の皮膚はわたし達人間と比べてとても薄く、皮膚トラブルは犬にとって身近な存在なのです。痒みや赤み、脱毛などを起こす皮膚トラブルは様々原因があり、一つもしくは複数の要因が重なっていることも少なくありません。
原因をしっかりと理解して愛犬のサポートを行っていきましょう。


細菌や真菌によるもの

細菌によるものでは、犬の皮膚トラブルの中でも特に多いのがこの菌による皮膚トラブルです。犬の皮膚にもともと存在している常在菌が異常繁殖することによって強いかゆみや発赤を伴います。膿皮症と呼ばれており、免疫力が低下している時に症状がでやすいと言われています。
真菌はカビの一種によるもので、日常では皮膚バリアで抑えていたものが外的要因や免疫の低下により発症すると言われています。


寄生虫によるもの

ダニなどによって感染するもので、痒みの他にかさぶたやフケ、脱毛が現れたりします。感染経路として他の犬との接触や、幼少期に母体から感染したりします。伝染力も強く、犬だけではなく猫や人間にも感染することがあります。


アレルギーによるもの

ハウスダストや食べ物、ダニやノミなどと特定のものに免疫機能がアレルギー反応を起こすもので、アレルゲンとなるものを特定することが必要となります。
しかし、食物のアレルギーなどでは今まで同じものを食べさせていたのに、急にアレルギー反応を起こしてしまうということもあるようで、たまには違う種類のフードを変えてみるなども必要となってきます。